• この先も何十回と夏が来て
    バニラコークに憧れたりする

    短歌&イラストZINE

    血の気の引くような寝坊をして
    息切れするまで走ったり
    発注ミスって顔が歪むほど後悔することが
    この先何度もあると思うと
    すっかり生きる気力がなくなる。
    でもこれから何十回も夏が来て、
    夜のベランダでお酒のんだり
    泳いだあとにくっついたり
    「バニラコーク」の味を想像したりするから
    人生は楽しくてしょうがない
    tanka&word by 伊藤 紺